Soravelのジャンクブログ

哲学科の大学生が素人発言します。

繁華街で吐きそうになった話。

今回は、繁華街で飲み過ぎて吐きそうになった話、、、、ではありません。

f:id:hasamiroot8187:20210416185233p:plain

先日の夜、近くの繁華街に赴く用事がありました。遊びに行くわけでもなく、本当に少し人と会っただけで、今回の内容には全く関係ないです。

で、その人との待ち合わせまで暇だったので、散歩がてらその繁華街を一人で歩いていたのですが、その街の雰囲気それだけで吐きそうになってしました。

夜の繁華街には特有の雰囲気があって、色んな人の「思惑」が電波のように飛び交っている。飲み歩く男女や、キャッチやナンパなど、主に男女関係の思惑が多いんですけど、さまざまな意図を持って人が歩いているのが伺えます。

元気なときはその雰囲気が気持ちよくて、その流れに身を置けるのですが、最近は本当に疲れているようで、その雰囲気にあてられてしまいました。

会話っていうのはいつも逐語的ではなく、何かしらの意図が含まれていることが多いですよね。自分を大きく見せようとしたり、異性にアプローチしてたり、その会話を通して、相手に何かしらの印象を与えようとする。それはほとんどの人がやってしまいがちのことですし、それが会話の醍醐味でもあったりします。しかし、人が大量にいる場所では、そういう意図が電波のように空間を充満していて、信じられないほどの情報量になることが多々あるんですよね。疲れているときは、それがとてつもなくしんどい。先日の繁華街では、今のご時世でそこまで人は多くなかったにも関わらず、吐きそうになってしまいました。

多分わたし自身に問題があるんでしょうか。ア○ペなんですかね。考慮しなくてもいい他人の意図を汲み取ろうと考えてしまったり、会話が下手くそなので、相手に言葉以上の印象を与えてしまうような発言をしてしまう。そんなこと意図してないのになぁ…そんなこと言いたいわけじゃないのになぁ…と思うことが往々にしてあります。また、やっぱり自己顕示欲とかもあって、余計な発言をしてしまうこともある。そういう自分が気持ち悪くなって後悔する。

だから本当に他人と話すことに苦手意識が昔からあって、比較的逐語的な本の世界や、そもそも会話のないイヌとの戯れに逃げてしまうんですよね。そういうのをなんとか克服しようと思って、大学ではできるだけコミュニケーションを取ろうと頑張ってたのですが、最近疲れてしまいました。

元気が出るまでゆっくりします。最後までありがとうございました。