「グッチぃ・マク・ぼ」の哲学ではない何か

哲学科の大学生が書きます。

「男女の友情は成立するのか」とかいう話

 「男女の友情は成立するのか」って話、よくされてますよね。なんでこんな議論が始まったのか知りませんが、想像してみますと、友人だと思ってた異性から性的なアプローチを受けて気持ち悪くなったという経験から「男女の友情は成立しない」みたいな結論に至った人がいたんでしょうね。知らんけど。

 

 まあ俺としてはこの議論はすごいバカバカしいなと思っているので、色々書きます。わりと適当に書くし、超短いので、もっと詳しく書くべきところは、あとで追記します。

 

1.性欲があれば友情ではない

 ちょっとよくわかりませんね。性欲が不潔なものだと仮定しても、人間誰しも他人に対して不潔な感情を抱いてるんじゃないですか?劣等感や嫉妬などそういうのを抱きながら人間関係を成立させているわけじゃないですか。なんで性欲があればそれは友情ではなくなるんですかね。

 

2.性欲がないほうが高尚であるみたいな風潮

 なんですか?食事から食欲を抜いたら高尚になるんですか?

 

3.まず根本的な間違い

 これは俺が一番言いたかったことなんですけど、性欲とか友情とか愛情だとかが人間関係の成分のように扱われているように思えるんですよね、気のせいでしょうか?

 みんな平気で人間関係から性欲や友情を足し引きしたりするんですよ。これが全く理解できない。人間関係は感情の足し算で表現されるんですか?

 ある人は「夫婦間の関係から性欲を引いたものが愛」なんて言ってましたが、こういう比喩表現ってすごい違和感ないですか?俺だけですかね?よく使われてる表面的な言語表現につられて「本当の(?)」人間関係の捉え方を見失ってません?こういう感情を成分のように扱う頓珍漢な言語表現で議論するからしょうもない話が繰り広げられてるんじゃないですか?ほんとに異性と接したことある?

 

多分もっと掘り下げられる

 このお話もっと掘り下げられると思います。例えば「友情が成立」なんて言ってきましたけど。なんですか?「友情が成立する」って、なんでみんな平気な顔してこんな表現してるんですか?友情が成立した瞬間に立ち会ったことあるんですか?

 ってな感じで行きすぎると根本的な話になりすぎてここでは無意味なのでやめます。ただ、俺には全く理解できない表現や人間関係の捉え方をしてる人が沢山いて、共感できる人がいたらいいなと思います。